· 

その症状は「かくれ貧血」かもしれません

 

「かくれ貧血(潜在性鉄欠乏症)」とは、一般採血では「貧血」と診断されませんが、肝臓や骨髄などに蓄えられている「貯蔵鉄(フェリチン)」が不足している状態です。「かくれ貧血」は頭痛、肩こり、不眠、慢性疲労などの身体症状だけでなく、鬱病など精神疾患の原因にもなります。

 

同じような症状は甲状腺疾患でもあらわれます。このため甲状腺の病気ではないか、と心配して受診される方のなかの一部に「かくれ貧血」の方がいらっしゃいます。

 

 

「かくれ貧血」を調べるには、一般採血では行わない「フェリチン」の数値を確認します。「フェリチン」は最低でも40ng/ml以上、できれば80ng/ml程度以上が望ましいとされています。女性は、生理により失われる鉄分が多く、「フェリチン」が10ng/ml以下の方もめずらしくありません。「フェリチン」が低い時は、鉄剤の内服などで鉄分を補充していただき、症状改善につなげます。

 

つらい、心配な症状でご来院いただいた方を、少しでも早く症状緩和につなげたいとの思いで、トマト内科では、「フェリチン」の院内迅速検査を、先ごろ導入しました。「フェリチン」の数値が、採血後40分程度でわかるようになりました。

 

トマト内科では「疲れやすい」に関する院内迅速検査が充実しています。「甲状腺ホルモン」、「副腎ホルモン」、「下垂体ホルモン」そして「フェリチン」。どれも、不足すると疲れやすさにつながるものですが、採血後40分程度で結果を出し、みなさまにお伝えする体制を取っています。

 

 

 

妊娠前や不妊治療中の方で、甲状腺のチエックを希望され、トマト内科を受診いただく方が増えています。妊娠には、フェリチンの数値は60ng/ml以上が望ましいとされています。トマト内科では「甲状腺ホルモン」「甲状腺自己抗体」とあわせて「フェリチン」を迅速検査でお知らせすることができます。

 

そして一般採血で貧血と診断されるものに、鉄欠乏性貧血、腎性貧血などがあります。こうした疾患の治療にも鉄の充足度を知るために「フェリチン」は重要な指標です。

 

 

 

院長 増渕