その他

その他 · 2018/10/21
「かくれ貧血(潜在性鉄欠乏症)」とは、肝臓や骨髄などに蓄えられている「貯蔵鉄」が不足している状態です。「かくれ貧血」は頭痛、肩こり、不眠、慢性疲労などの身体症状だけでなく、鬱病など精神疾患の原因にもなります。

その他 · 2018/10/08
「成長障害診療で注意したいポイント」についてWeb勉強会がありました。低身長症は成長曲線を見たときに-2.0SD以下もしくは、年間の成長速度が-1.5SD以下で診断されます。(SD=標準偏差)

その他 · 2018/09/24
高血圧、糖尿病では認知症の発症が多いとされ、トマト内科では、重要な疾患ととらえています。アルツハイマー型認知症の治療について、院内勉強会がありました。

その他 · 2018/09/24
心房細動(しんぼうさいどう)、冠動脈疾患、心不全といった心疾患についての勉強会がありました。 心房細動は、糖尿病、高血圧、コントロールされていないバセドウ病の方など、トマト内科に受診下さる方に多く発症する傾向のある疾患のため、重視しています。

その他 · 2018/09/16
栃木県内分泌懇話会に院長やトマト内科スタッフ計5人で参加しました。平成26年4月に公布された「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令」によって、平成29年度から児童生徒等の健康診断に際して、子どもたちの発育を評価する目的で、座高測定を廃止し、身長・体重より成長曲線を積極的に活用するようになりました。

その他 · 2018/08/31
「なかなか運動をするタイミングがないんだよね」とか「ひとりじゃやる気が出ないのよ」と患者さんとお話をしていますとよく耳にします

その他 · 2018/08/30
今日は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬、「ウルティブロ吸入用カプセル」の院内勉強会がありました。

その他 · 2018/08/23
8/21(火) 心房細動と経口Xa阻害剤リクシアナについての院内勉強会を行いました。心房細動は、高血圧症、糖尿病、75歳以上、といったトマト内科に通院されているような方に起きやすい傾向があります。

その他 · 2018/07/28
「逆流性食道炎における酸分泌抑制の意義」をテーマに、院内勉強会がありました。 近年、食生活の欧米化やピロリ菌除菌の増加に伴い、逆流性食道炎に罹患している方がとても増えています。 1970年代からの20年間で、患者数は約5倍だそうです。

その他 · 2018/07/25
今日は、選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬インチュニブと発達障害についての院内勉強会を行いました。インチュニブは小児のAD/HDを適応症として世界36か国で承認されている新しい薬です。 「トマト内科は、糖尿病高血圧甲状腺専門内科なのに、どうして発達障害の勉強会をするの?」と思われるか方もいらっしゃるかもしれません。

さらに表示する