その他 · 2018/10/21
「かくれ貧血(潜在性鉄欠乏症)」とは、肝臓や骨髄などに蓄えられている「貯蔵鉄」が不足している状態です。「かくれ貧血」は頭痛、肩こり、不眠、慢性疲労などの身体症状だけでなく、鬱病など精神疾患の原因にもなります。

糖尿病関連 · 2018/10/18
インスリン治療と医療者のサポートについての勉強会がありました。インスリン療法は糖尿病患者さんの体の中で不足しているインスリンを注射で補い、血糖値をコントロールする治療法です。 おどろいたことに 「インスリン治療になったらおしまいです」 「インスリン治療にならないように、頑張りましょう」 といった指導をされてきた2型糖尿病患者さんもいらっしゃるようです。

EPAは青魚などに多く含まれており、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ炎症や血栓を防ぎます。 食物油や動物性脂肪に多いリノール酸は、体の中でアラキドン酸(AA)に変化します。私達現代人の食生活は、リノール酸を多く摂取しがちでその結果AAが過剰になりがちです。 EPA/AA比とはエイコサペンタエン酸(EPA)とアラキドン酸(AA)の比率です。血液中のEPA が多く、AAが少ない(EPA/AA比が高い)状態では心筋梗塞が起きにくくなるそうです。

その他 · 2018/10/08
「成長障害診療で注意したいポイント」についてWeb勉強会がありました。低身長症は成長曲線を見たときに-2.0SD以下もしくは、年間の成長速度が-1.5SD以下で診断されます。(SD=標準偏差)

高血圧 · 2018/10/07
血圧管理の重要性について勉強会がありました。 日本の高血圧有病者数約4300万人です。血圧が高くなるほど全心血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病などの罹患リスクや死亡リスクが高まります。高血圧に起因する死亡者数は年間10万人と推定され、喫煙に次いで多いそうです。

その他 · 2018/09/24
高血圧、糖尿病では認知症の発症が多いとされ、トマト内科では、重要な疾患ととらえています。アルツハイマー型認知症の治療について、院内勉強会がありました。

その他 · 2018/09/24
心房細動(しんぼうさいどう)、冠動脈疾患、心不全といった心疾患についての勉強会がありました。 心房細動は、糖尿病、高血圧、コントロールされていないバセドウ病の方など、トマト内科に受診下さる方に多く発症する傾向のある疾患のため、重視しています。

その他 · 2018/09/16
栃木県内分泌懇話会に院長やトマト内科スタッフ計5人で参加しました。平成26年4月に公布された「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令」によって、平成29年度から児童生徒等の健康診断に際して、子どもたちの発育を評価する目的で、座高測定を廃止し、身長・体重より成長曲線を積極的に活用するようになりました。

糖尿病関連 · 2018/09/15
Web講演会を聴講しました。テーマは、「インスリン治療導入時に患者が抱える、経済的不安に対する対応について」でした。

糖尿病関連 · 2018/09/14
糖尿病WEBシンポジウム「糖尿病治療薬のFUSION~患者の未来を護る新たなパートナー」についての院内勉強会に参加しました。

さらに表示する